#23 NEW YORK, NEW YORK - 3

Originally posted on May 30, 2018

 

私たちがNYで毎日通ったもう一つの場所は、大好きなスーパーに併設するカフェです。あまりに美味しく、あまりにお手頃価格で、そして何より毎日そこに集まってくる地元の人たちが大好きだからです。

ウエストアッパーサイドにあるそのスーパーマーケットは、歴史が古く、今の建物も1932年に建てられたものだということです。オリジナルのコーヒーがとてもとても美味しく、スモークサーモンとチーズ、ベーグルやオリーブなどもファンが多いようです。

 

わたしとけいはほぼ毎日セントラルパークで遊んだ後に、公園をウエスト側から出て、歩いて朝ごはんを食べに行っていました。日替わりのとっても美味しいスープ(ラージサイズ)に好きなパン(どれも唸りたくなるほど美味しい、けどラズベリーの練りこんであるパンが一番好き)をつけて4ドルそこそこ。物価の激しく高いNYでこんな美味しい朝ごはんは他にありません。スープのバライエティも素晴らしく、一番好きなロブスタービスク、サーモンチャウダー、クリームマッシュルームなどなど・・・ 犬が入っていいかどうかはわかりませんがけいはいつも入っていました。帰りに死にほど美味しいコーヒーを買って飲みながら帰ります。ちなみにここのマグカップは、コーヒーをテイクアウトしたときに一緒に買うと、1ドル89セントで買えます。    

このスーパーマーケットの並びに、私とけいがNYに行くときには毎回立ち寄る犬のお店があります。こちらもその場所から古くからやっていて、お店の奥ではグルーミングサービスも提供しています。評判が良いらしく、ひっきりなしに予約の電話とお客さんがやってきています。そこには厳選されたドッグギアがたくさん・・・そしてどれもとってもセンスがいいのです。けいと私にはちょっとおしゃれすぎるかなぁ。私はそんなにけいのグッズを買う方ではないのですが、NYに行ったときにはここで買うことにしています。今回は、新しくリードとハーネスを買いました。ジャブジャブ洗えて、持ち手やリードの長さが調節できるという、とても実用的なのに発色が見事なお気に入りです。いつも同じものを日本で買うと大変お高いので、NY値段と言えどもこちらで買うことにしています。    


NY
では地元のドッグランにも度々行きました。

セントラルパークをウエスト側にすぐ出たところにある博物館の横の小さなドッグパーク(ラン)は、どんな雨の後のドロドロの日でも必ず誰かが遊んでいました。博物館に来る子供達も犬が通るときゃぁきゃぁ言って大喜び。一度、けいに「youは可愛すぎる〜〜」と言っていた女の子に、どこから来たの?と聞いたら、「ここへはバーモントから来たけど、でも私はサモアから来たの。お父さんお母さんはまだそこにいるの。」と言われハッとしたことがありました。課外授業などでみんなでバスで博物館に来ている子達が多いので、日本でいう埼玉県何市とか千葉県の小学校、とかそういう答えを期待していたのですが、そうかNYで言う”Where you from?”はどちらかというとそういうバックグランドを常に聞いてしまうんだなぁと思い至りました。Kayはどこから来たの?と聞かれて「ジャパンから来たのよ。この子も飛行機に乗って遠くからきたのよ。」というと、みんなが行ってしまってもその子は先生に呼ばれるまでけいを撫でていました。    

リバーサイドのドッグパークにもよく行きました。セントラルパーク横よりももう少し広くて、水場も用意されていて、いつも大小の犬たちが走り回っています。けいも何日かは私とベンチで様子を見ていましたが、ついに堪え切れなくなって一緒に走っていました。

 

お天気が不安定だったNYも晴れると全てがイキイキと輝いています。