#13 出発

Originally posted on May 04, 2018


おはようございます。

 

私はこれを、ワシントン州シアトルから車とフェリーで2時間半程かかる田舎町の食卓で、窓の外の松林を見ながら書いています。そう、けいとふたりで昨日ついに長旅の末、たどり着きました。

 

出発当日まで用意ができていない中、朝6時前に仕事の電話で起こされて緊急の対応などしていたら、今回は忘れ物だらけでした。会社員時代は社内報に載せるデパートメントページなどの私個人の紹介欄に「特技:パッキング」と書いていたのに。年齢でしょうかねぇ・・・。

今回一番大きな忘れ物は、運転免許証でした。パスポートと一緒に出していたのになぜかそちらだけ置いてきました。かろうじてお財布に日本発行免許を持っていたので、アメリカという国に助けられました。それからいつも使っているアメリカ国内用Wifi-LTE Hot Spotも置いてきてしまいました…嗚呼。そして長年の友ランドリーセットに、これまたいつも持っていくお守りの機内用のストール。いつものスタメンたちがことごとく置いていかれて東京の家で憤慨していることでしょう。ここまで忘れ物が多いと、私としても認知症の始まりかと心の中でちょっとしたパニックでした・・・

    

 

出発の朝、前日からも雨もあがって気持ちの良い5月の空気の中、毎度のように出かける直前までバタバタと用意をし、家を飛び出しました。

 

飛び出したのは良いんですけど、1ヶ月分の荷物を詰め込んだ一番大きなスーツケースとけいを抱えて、あと20分で成田エクスプレスの出発という時間でした。

Uberも用意していなかった私は非常にあせっていました。けいは、空気も読まず(犬ですので)ウキウキぐいぐい散歩モードです。「あわてなければ必ず乗れる」と心の中で自分に言い聞かせ、ゴロゴロとスーツケースを転がしました。

 

 

けいにしっかりと歩くよう促しながらもとぼとぼと駅に向かうと、祝日の朝なのにするすると私の前に奇跡のタクシーが。感涙の中、タクシーは新宿駅に連れてきてくれ私たちは無事、成田エクスプレス上の人(と犬)となれました。よかったよかった。

 

けいはNEX で通路をはさんだ隣の席のおにいさんに抱っこしてもらって、大好きペロペロ攻撃を繰り出していました。おにいさん、元気に地元の沖縄でGWを満喫してるかな。

 

 

さて成田空港では、けいのトイレ休憩のあと、早速 場所が新しくなった成田空港第一ターミナル動物検疫所へ。

ここは初めて海外にけいと旅した時からお世話になっている、旧知というか思い出の検疫所です。ここでは前回お話しした「輸出」のための必要書類の原本を確認していただいて、けいの体調というかマイクロチップの読み取り確認などをしてもらいます。そして日本国が証明する輸出検疫証明書を発行してもらいました。

 

検疫所の方々は前回も書きましたが、本当にみなさん誠実な感じの方々で人柄も、お仕事ぶりも詳細でとても安心です。海外から来ている友人たちが日本の検疫はすごいとべた褒めしてくれるのも納得がいきます。けいはここでもみんなに好き好きを振りまいていました。     

 

さぁ、最後に空港の外でもう一度トイレ休憩とけいの身体を動かすボール遊びをして、チェックインをして出国します。けいは、デルタ空港のカウンターでもお姉さんおにいさんたちにまとわりついて抱っこをせがんでみながらチェックインし、出国ゲートへ。出国ゲートでは、けいは赤外線を通さず(当たり前ですけど、、、)キャリーケースから出し、ハーネスやリードは外して私と抱っこでゲートをくぐります。

空港の中では、出国してしまうとけいと一緒ではエアラインのラウンジも入れないので (出国前のクレジットカードのラウンジはけいも入れるところがあります)、飲み物やスナックは私の分けいの分も用意しておくかスタンドで買っています。  
  


ポートランド行きのデルタ航空便はまさかの超満席フライトでしたが、ボールで散々遊んだけいはおとなしく抱っこもせがまずキャリーの中で爆睡していました。私は機内映画の「
Star Wars: The Last Jedi」を観て、ひたすら Adam Driverに夢中になっていました。Star Warsはまり役ではないけど(うまいと思うけど)、これ以外の彼の演技の方がもっといいのでみんなに他の彼も観てほしいなぁと思いました。おすすめは「Girlsというアメリカで大大大人気のドラマです。

 

私はビールを飲み、けいはリンゴを食べ、そうこうしているうちに、私たちの7時間40分の飛行時間も終えオレゴン州ポートランド国際空港に到着