#5 2018年の旅のはじまりは

Originally posted on 03/12/2018 - Photo  in Sedona 2014

お仕事(ありがたいです)と、他のいろんな締め切りと、ボランティアと、確定申告がいちどきに押し寄せてきて、大人の事情でブログがアップできませんでした。お待ちいただいた方(がもしもいて下さったら)ありがとうございます!

 

さぁ、今年2018年の旅についてお話しできる時がやってきました。

まずは行き先たちをご紹介したいと思います。

 

一番最初の目的地は、アメリカワシントン州シアトルです。

 

今回の旅は、実は「仕事きっかけ」です。

仕事の詳細はいつかお話しできればと思うのですが、今年の5月にシアトル近郊で2、3週間やらなくてはいけないことがあり、少し期間が長いのでけいを連れて行こうと思ったのです。そしてその後、何週間かまた旅してみようと思った、という経緯です。シアトルは恐らく長年の出張生活のどこかで、飛行機の乗継くらいで降りたことはあるのでしょうが、街におりて実際に生活をするのは初めてです。海外ドラマファンの私としてはシアトルといえば、グレイズアナトミー... 他はシアトルコーヒー、入り組んだ入江と豊かな自然、全米一住みやすい街、フェリーに乗る生活、、、なんてそんなところでしょうか。今回わたしとけいは、私の仕事場に、ほど近い小さな田舎町に小さな一軒家を借りてみました。小さなリビングとキッチン、それに小さな寝室と、まるで東京の私たちの家のような小ささです。実際に行ってみるのが楽しみです。

 

近いと言っても、そこはアメリカ、馬ならともかく自転車や徒歩ではどこへもいけませんので、仕事場へは毎日おなじみレンタカーで通う予定です(あっ、まだ予約してない...!)


そして私が日中仕事している間、けいは、日本では「一時/日預かり」とか「犬の保育園」のような名前で呼ばれている、Dog Boarding Serviceを利用しようと思います。話は少しそれますが、アメリカにはどこの街にもトリミングサロンもボーディングサービスもたくさんあって、気軽に利用できる価格帯です。しかし、アメリカで犬や動物を扱うビジネスのいろいろな資格は、取得してからも毎年維持するのに大変な労力と金銭的な負担を要求されます。毎年新しいことを決められた時間分勉強して証明書を提出しないといけません。そのせいか、幸運なことに私とけいがこれまでアメリカで会った犬関係のサービスを提供するプロたちは、皆そのプロフェッショナリズムが尊敬されるべきレベルで、そして暖かくおおらかな動物を愛する心物持ち主でした。心からこの仕事が好き、、、そんな印象を受けました。今回もけいを預ける上で、日本から近くの何ヶ所かメールでやり取りをし、お願いする前に実際の施設を見学させて頂く予定です。今の所、どの施設も本当にいい感じ。きっとけいはいつものように帰りたがらないことでしょう・・・

 

さて、シアトルの後は、、、ニューヨーク!
....続きます、おやすみなさい...